日本エコテック株式会社

より確かに、より迅速に、安心の未来を創造します。

事業内容

食品分析

残留農薬分析・残留動物用医薬品分析

輸入農作物の残留農薬問題を契機に、食品中の残留農薬についてはポジティブリスト制度が導入され、厳しい基準値が設けられております。弊社はポジティブリスト制度施行前より分析法の開発に積極的に取り組み、これ等の豊富な知識と経験より独自メニューを構築し、残留農薬分析を通して食の安全と安心に応えます。

有害物質分析(カビ毒・重金属)

残留農薬の分析で培った経験を基に、様々な種類のカビ毒及び重金属類を初めとする有害物質分析を行い食の安全と安心に応えます。

放射性物質分析

原子力発電所事故により天然には存在しない放射性物質が大量に放出されました。
生活環境や農作物等食品の汚染が懸念され、各食品には規制値が設けられております。弊社では、福島県を始めとした各地の食品等の放射性物質分析を通して、食の安全と安心に応えます。

栄養成分・機能性成分分析

販売されている食品には、消費者自身がその食品を喫食することで得られる栄養量を把握し、自ら選択できる様、栄養成分の表示がされております。また、食品中には「人の健康増進に関与する」とされている様々な機能性成分が含まれております。当社は、栄養成分分析及び機能性成分分析を通じ、豊かな食文化の創造に貢献致します。

食品添加物分析

食品添加物は、保存料、甘味料、着色料、香料があり、食品の製造過程で食品の加工・保存の目的で使用され、規格、使用量などの基準が食品衛生法にて設定されております。当社では、食品添加物分析を行い食の安全と安心に応えます。

微生物分析

食品の腐敗・変敗を引き起こす微生物等による食中毒を防ぐために、残留農薬や有害物質と同様に微生物に対しても基準が設定されております。当社は微生物分析を通じ、微生物学的側面から食の安全と安心に応えます。

環境・水質分析

我々を取り巻く環境中の水・土壌・大気には、環境保全の観点から様々な物質に基準値が設けられております。弊社はこれ等水、土壌・大気中に含まれる農薬やその他有害物質の分析を行い、環境の保全の維持の一端を担っております。

計量証明事業

  • ●ゴルフ場排出水、土壌及び大気中の農薬の測定・分析
    ゴルフ場で使用される農薬の、大気汚染濁防止に係わる暫定指導指針72農薬分析
    (最終改訂 平成22年度9月29日 環水大土発第100929001号)
  • ●水道管理目標設定項目120農薬の分析(平成15年健発第1010004号)
  • ●河川、地下水等の公共水域における有害物及び農薬分析
  • ●工場排水の水質分析

農薬登録支援事業

新しい農薬を開発し、農薬として農林水産省に登録、販売されるまでには様々な試験が必要とされます。これら試験の1つに農薬の農作物への残留性を調査する作物残留試験があります。作物残留試験は農作物に残留基準値を設定する上で重要な試験で、高度な分析力と農薬に関する知識が求められる試験です。弊社は、作物残留試験を設立以来実施し、農薬開発の一端を担っております。

作物残留試験とは、作物への残留量の把握のために実施される試験。

【作物への残留基準値を設定するための試験】
登録申請作物ごとに行うこの試験では農薬の最終散布日から1日後、3日後、7日後及び14日後のように、経時的に収穫物を採取し、それぞれの残留量を精密に測定します。この試験から、作物中に残留する農薬の最大濃度、さらに作物中での経時的な推移(減衰)を知ることができます。

引用元:FAMIC